コップ

サプリメントで健康生活|イソフラボンで心身健康に

人気の要因

健康食品

フコイダンが人気になった理由には、がんに効果があるのではないかと注目を集めたことが挙げられます。これは1996年に日本癌学会で「フコイダンの抗がん作用に関する研究報告」で発表したことをきっかけにして注目を集めるようになりました。それ以来がんに効果がある成分として、色々なメディアなどで取り上げられるようになりました。実際にがんの代替医療としてもフコイダンを用いるケースもあるようです。がんを患っている患者やその家族の中には効果を期待してフコイダンを試してみたいと考えている人も少なくないでしょう。しかしながらがんの治療に関しては、主治医の先生とよく話し合ってより適した方法を選択する必要があることに注意しましょう。

フコイダンは水溶性食物繊維の一種であるという特徴があるため、おなかの調子を整えたりコレステロールの上昇を抑えるなどの効果が期待できるとも言われています。しかし、それ以上に関心があるのはがんを抑える効果かもしれません。研究によってフコイダンが示す抗がん作用には、次のような特徴があるのではないかと考えられています。フコイダンは活発な増殖活動をおこなうがん細胞に直接作用して、がん細胞だけを自滅させる働きを持っているのではないかという点です。これをアポトーシス作用といいますが、アポトーシスとは「枯れ葉が自然にハラハラと落ちる状態」をさしたギリシャ語の言葉であります。また今後もフコイダンに対する研究が進められ、新たな作用が見つかる可能性もあります。