コップ

サプリメントで健康生活|イソフラボンで心身健康に

血圧を上げないための工夫

薬

血圧を上げないための工夫

血圧を上げないための工夫について。高血圧は放っておくことで、脳溢血やくも膜下出血を招くので注意が必要です。高血圧の原因は、塩分や水分の摂りすぎによるもの、もしくは下半身の筋力低下によるもの、など様々なケースが考えられます。高血圧を予防するためには、日ごろから、規則正しい生活や食事を心がけ、不足した栄養をサプリメントで補う工夫が必要なのです。塩分が増えると、血液中の水分量が増えます。それを押し出すために、心臓には強い負荷がかかります。水分の摂取量が増えることも同様です。それを避けるためには、塩分・水分の摂取量をセーブすること、もしくは、カリウムやマグネシウムといったミネラルをサプリメントなどから摂取することが必要と言えるでしょう。

ミネラルの摂取が大切です

塩分や水分の摂りすぎには、カリウムやマグネシウムといったミネラルの摂取が必要不可欠です。塩分・水分の摂りすぎは腎臓などにも強い負担をかけます。高血圧患者の約3割に腎障害があると言われるのは、それらが密接に関係しているからです。また、水分の大量摂取をビールなどのアルコールで行った場合はどうなるでしょうか。今度は大量のアルコールを中和するために、肝臓にも強い負担をかけます。肝機能が低下することで、神経伝達物質のレベルが低下すれば、脳が正常に働かなくなり自律神経のバランスを乱すことになります。それが悪循環を生めば、高血圧の症状を深める原因にもなります。これらを避けるためには、カリウムやマグネシウムといったサプリメントを、継続的に摂取しましょう。そしてサプリだけでなく、規則正しい生活や食事を心がけることも大切です。